忍者ブログ

人生楽ありゃ

長い人生いろいろありますやね

[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

酒鬼薔薇事件の中学の校長

ネットで酒鬼薔薇事件のA少年が通っていた中学校の校長の話が出ていた。
当時は大騒ぎの事件だったが、それほど事件の詳しい事は記憶にない。
今のようにネットもしてなかったし、せいぜい知っていたのは毎日ニュースでやる内容の概要くらい。
ましてや校長の事などまったく知らなかった。

今になって読んでみるとそんなことがあったんだなぁと同情した。
実際に事件を起こしたのは少年であって、校長にはまったく関係のないことなんだが、校長への罵倒や脅迫・不幸の手紙まで送った人がいた事に驚いた。

まだネットで書き込むのなら分からないでもない。でも今で言うネットで書き込むのではなく、わざわざ手紙を送ってるのだ。
その手間がまったく違う。
よくもまあ暇な人もいるもんだ。

しかも事件を起こした本人というわけじゃなく、ただその学校の校長だっただけだ。

酒鬼薔薇事件のA少年が通っていた友が丘中学校の岩田信義校長
97年、日本中を震撼させた神戸の酒鬼薔薇事件。逮捕されたA少年が通っていた「友が丘中学校」の岩田信義校長を覚えているだろうか。卒業式当日、ストリップ劇場で観賞にいそしんでいる姿を写真誌にすっぱ抜かれて世の顰蹙(ひんしゅく)を買った。事件から13年。A少年はすでにシャバに出た今、岩田校長はどうしているのか。

●「正直、ほんまアイツが真犯人なのかな、って迷いは今でもあります」

「晩メシ食うた後やったかなあ。捜査本部から自宅に“お宅の学校の生徒を逮捕しました”って電話があって、“お手数かけます”とだけ答えたのを覚えてます」

会ったのは神戸市東灘区の自宅。居間の掘りごたつで記者と向き合った岩田さん、やや甲高い声でこう言った。

「実は逮捕前から予感めいたもんがあったんです。生徒らの間で、“アイツとちゃうか”って噂が広まってましてね。“目が据わってて、ジロッとにらまれると、すくみ上がる感じがする。アイツならやりかねん”って話だった。根も葉もない噂でしたが、胸騒ぎがしてたのも事実です」

警察の一報を受けた際も、「やっぱり、アイツやったか」とあまり驚きはなかったという。

「ただ、酒鬼薔薇の挑戦状や、ノートに書いてたという東西の古典を引用した『懲役13年』を読んでも、あの子に書けたとはとうてい思えんのですわ。正直、ほんまにアイツが真犯人なのかな、って迷いは今でもあります」

少年の逮捕後、朝日新聞が「動機は学校で教師から受けた体罰」と報じると、全国から非難の声が学校に殺到した。「時が経てば冷静に読めるもんです」と話す段ボールに入った当時のハガキを見せてもらうと、真っ赤なペンで「校長は腹を切れ」の文字も。

「内容は罵倒68通、脅迫6通、不幸の手紙13通、宗教宣伝・商業宣伝20通、激励22通、誤解しながらの激励11通、目的不明11通。ざっとこんな感じです。でも、体罰はまったくの誤報で、指導記録を見る限り、教師らに何らの落ち度もありませんでした」

さて、事件翌年の3月、今度は岩田さん自身がクローズアップされた。ストリップ劇場で大股開きの踊り子をポラロイド撮影、舞台上で野球拳に興じる姿をフォーカスされたのだ。

「周りがどう言おうと、“ワシは何も悪いことしてへんで”って心境でした。だって、勤務時間ならいざ知らず、時間外のことでしたから。卒業式で早く仕事が済み、“ほな、行こか”といつも通りに行動しただけです」

とはいえ定年退職を目前に控えながら、神戸市教育委員会から謹慎処分を受けるハメに。再就職の道も閉ざされた。



ストリップの話も事件とはまったく関係ない。
勤務時間を終わってから何をしようと、犯罪でないのなら問題じゃない。
別にストリップを見ようとエロ本を買おうとその人の勝手だろうと思う。
もう「災難だったな」としか言いようがない。

しかも体罰って話も一体どこから出たのか知らないが、まったくいい加減な話だ。
これは今でもあるだろうが未確認の情報がなぜか本当のように出る事がある。
特に最近はネットの中で、それこそ玉石混淆で事実とウソ、正確な情報といい加減な噂レベルが入り混じっている。
自分も気をつけたいものだ。

だいたい体罰が動機と言うのは短絡的すぎる。
体罰をしたからと言って小学生を殺した中学生なんてそうそう聞いたことがない。
またその中学でそういった事件を起こす犯人が多発したならまだしも、そんな話も聞いたことはない。
よくあるマスコミの、事件が起こると嬉々としてとことんいい加減な話までつつき出す性質が出た事例だろう。

ただ体罰の報道ではなく校長の件では、話の本筋は事件を起こした中学生であって校長の方の話はまったくのとばっちりの世界だ。事実かどうか以前にまったく関係がない。
こんな事件に巻き込まれてしまうの教員もそうそういるものではないが、まったく数奇な教員人生に当たったものだ。

しかし今では小説を書いたり小説家の卵達との交流もあるようだ。
退職後、事件について月刊誌に手記を寄せたのを機に、「大勢の人に読んでもらえる面白さが病みつきになった」と小説を書き始め、今も月2回、大阪の講座で若い小説家の卵たちと文章修業を重ねている。

落ち着いた生活に戻っているようで安心した。
人間自分ではどうにもならないようなことに巻き込まれて人生が変わってしまうこともあるが、それを引きずらずにリセットできる人は強い人だと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • SEOブログパーツ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
スポンサードリンク
最新CM
トラックワード


あわせて
最新TB
リンク
社会っていろいろあるなぁ
まつりごとのまつり
まわる歯車
外国ってすげぇ
ここまできたか よのなかは
ねったーCO
ぼくの社会多事他事考察
理科少年
経済と秋の空
なんで空は青いの
着る物わーらん
たべP
インテリアニュース
出来事ドレッシング
商売3畳
テクテクブログ
たけやぶやけた
コケっこレシピ
ITっていうなぁ
歩く洗面器
ぐろばるにゅ
とんとん大好き
体にガタがくるまえに 
野菜を食べよう
Webサービスめも
社会とネット
海外どっこいネットニュース
楽に行きたい
やりたいしたいライフハック
モォー牛肉がうまい
知恵とテクノロジー
インターホット
あんなこんな仕事術
空とぶぶた
えんたねす
いきものまんざい
社会リモコン
食べ物ばくばく
芸能ネタからコマ
あっちこっちでっち
なんなのなんなの
海外こぼれ話
かたづけよう整理整頓
歩けカタツムリ
うまうまもぐもぐ
ワールドん
セケンヲチ
よもやま経済適当話
節約くんがくるぞー
元気!やる気!やーまだ!
世界は広いな大きいな
アプリソフトサラダ
よのにっき
しゅんげー
洋画でしょうが
人間って難しい
ちょうちょは風で運ばれる
インターネットは何をしたか
ほうきにまたがり
津々浦々
とーふとうふとーふー
コンバルケ
深い海には何かいる
経ざいざいざい
なーるほど ざ 世界
宇宙猿人ポリ
からだのみかた
科学はマジックじゃないのよ はっはぁー
ほんまですか
Firefoxアドオンがんば
目覚まし時計とボールペン
無重力でキャッチボール
風にふかれて
企業の憂鬱
ライフハック なにそれおいしいの?
秘密戦隊サイエンス
エンタメ海外ぬーす
芸があるのに芸能
ノバンス雑記
カルチャーチョップ
とれにゅの里
かがっくん
水に浸かってるとふやけね?
おもしろ世の常人の常
サルも驚いた
パソコンのある生活
リーマン日記
きになる小物、アイテム
食ネタ列伝
文化だんしゃく
ボールペンがころんだ
お役立ちウェブ
生物と環境と心強さと~♪
あめんぼだってー
身のまわりのこと
SOBURON ETA
使えるフリーソフト
階段を登ろう
エルビスとダンス
バーコード
ザッピング
ブログ内検索
Copyright © / “ひつじ”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]